• 福岡県太宰府市の大宰府政庁跡で、730年(天平2)に歌人の大伴旅人が「令和」の典拠となった万葉集の「梅花の歌」を詠んだ「梅花の宴」が再現された。

  • 旅人が宴を開いた邸宅跡とされる坂本八幡宮には参拝客が大挙来訪し、周辺は大渋滞するなどフィーバーが続いている。